犬や猫のガン予防

犬や猫がガンにならないように予防するには、どういった点に注意すればいいのか?

あなたの大切なペットである犬や猫が腫瘍やしこりになってガンにならないようにするには
毎日の予防が不可欠です。
体調管理・食事・生活環境などを見直してみましょう。
飼い主が犬や猫に対して注意したいポイントをまとめておきました。
 
  • 太りすぎや痩せ過ぎなど体重の増減に注意しましょう!
動物のガンと密接に関連してくるのが犬や猫などペットの体重です。
とりわけ太りすぎは脂肪腫の代表的な症状ですがガンになりやすいです。
動物病院の獣医さんに犬や猫などペットの体重について注意・指導を受けたことがありませんか?
もしあるならばダイエットをさせて適正な体重をキープするようにしてください。
 
  • 充分すぎる位の運動をさせること!
健康を維持するためには毎日の運動が欠かせないのは人間と同じです。
特に注意して欲しいのは犬のゴールデンレトリバーやラブラドールなどの大型犬です。
これらの犬種はガンにかかりやすいです。
できるだけ毎日散歩に連れていくことを習慣にしてしまいましょう。
 
  • ストレスや汚染されてしまうような環境から犬や猫などペットを守ること!
自宅で飼っている場合は快適な温度で騒音のない静かな場所に犬や猫などペットのハウスを
設置するようにしてください。
テレビの近くやドアの近くは騒音も多いです。避けたほうがいいでしょう。
排気ガスや煙草の煙などの汚染された空気からも守って上げるように空気清浄機を設置してほしいです。
 
  • 糖分・塩分・油分を控えるような食事にしてあげましょう!
ガンのみならず、どんな病気にも言えることですが、
普段から犬や猫などペットの栄養バランスに注意をするようにしましょう。
食事に関しては糖分・塩分・油分の摂りすぎに注意してください。
ヘルシーなフードを厳選して与えることが大切です。
おやつにジャーキーなども上げすぎないようにしてください。
 
  • 犬や猫などペットの近くで化学物質を長期間使用しないこと!
合成シャンプーや殺虫剤などです。化学物質が含まれたものを可能な限り利用しないことが大切です。
こういった化学物質を長期間使用していると身体の内部に毒素が堪ります。
これがガンを引きおこす原因にもなりかねません。
体調が悪い場合でも、できる限りサプリメントを使って自然療法で治癒させることが望ましいです。
 
  • オスの場合は去勢手術・メスの場合は避妊手術をする
 
これは犬の場合に言えることです。
去勢手術や避妊手術をするほうがガンになりにくい統計データがあります
ですが、それが犬にとって幸せなことがどうかは別問題です。
手術する場合は全身麻酔をするリスクもあります。
信頼できる動物病院の獣医さんに相談してみてはどうでしょうか?
 
いかがでしたでしょうか?
上記で紹介したようなケアをしてみましょう。
犬や猫などペットの基礎的な体力や自然治癒力は高まるでしょう。
そうなればガンに負けない身体を作ることができます。
もともとガン細胞は誰しもが持っていると言われています。
健康な身体であれば、それを自然に抑制できる仕組みになっているのです。
ガンを予防するだけでなく健康に過ごすことは大切なことです。
今日からでも実践してみませんか?

犬・猫の癌(がん)サプリメント